アドレナリン、危険、胸のドキドキ。人間はいつの時代も、「絶対にやってはいけない」と禁じられれば禁じられるほど、興奮や喜びを味わうためにその行為に挑戦してみたくなるものです。そのため今も昔も決まりを破る人が後を絶えません。ラスベガスに行かれたことがある人は、カジノ内での写真撮影が禁止されていることをすでにご存じのことでしょう。でも一体なぜ禁止されているのでしょうか?1 番の理由はプレイヤーの保護です。カジノ側の利己的な理由で禁じられていると思われる方もいるかもしれませんが、カジノはプレイヤーのプライバシーを守るために写真撮影を禁じています。

小さいカメラで撮影

それでもまだどうすればカジノにばれずに写真が撮れるのかお考えですか?何度も警告するようですが、もし見つかってしまった場合、警備員につかまってカジノから追い出されてしまうかもしれません。大きなカメラは人々から注目を浴びてしまうので NG です。

もしあなたが大きなカメラを持ってカジノに入場したらギャンブラーたちから変な目で見られることでしょう。そして、警備員に報告されてしまうかもしれません。もしどうしても写真を撮りたい場合は小さいカメラで撮影しましょう。特に最近は小さいカメラを見つけるのは難しいことかもしれません。小さいカメラがない場合はスマホのカメラがおすすめです。おそらく警備員たちもカジノ客のスマホまではチェックしないことでしょう。

1 つのフレームで十分

写真だけではなく、動画撮影も禁じられています。スマホでの動画撮影は絶対にやめましょう。撮影時間が長ければ長いほど、見つかる確率は高くなります。撮影自体は決して犯罪ではありませんが。カジノの方針や規則には反しています。

フラッシュなしで撮影

わざと警備員につかまりたい、というわけでない限り、フラッシュ撮影は絶対に避けてください。カジノでフラッシュ撮影をするということは「私は規則を破っています」と額に大きなタトゥーを入れることと同じです。

うっかりフラッシュをオンにしたまま写真を撮ってしまった場合はすぐに周囲に気づかれることでしょう。警備員もカジノ客たちも快く思わず、カジノから追い出されるのも時間の問題です。一か八か、リスクを取ってフラッシュ撮影をしてみる価値は全くありません。このアドバイスに従って必ずフラッシュをオフにしてください。

素早く移動

軍隊の狙撃兵が銃を撃った後、どのように動くか想像してみてください。写真を撮った後、狙撃兵のように動いてその他のカジノ客の中にうまく紛れ込みましょう。もし警備員があなたに気づいたとしても、あなたが存在を隠せば取り押さえることは不可能に近いです。警備員の位置を確認しながら、素早く移動する技を身につければ、カジノで規則を破りながら撮影するプロの写真家になれるかもしれません。

写真撮影を許可するカジノ

すべてのカジノにおいて、写真撮影が禁じられているわけではありません。どうしても写真を撮りたい方は、前もって確認しておきましょう。ラスベガスには写真を撮れるカジノがいくつか存在します。許可されている、というよりも、どんどん写真を撮ってほしいと思っているカジノもあるようです。

カジノが写真撮影可としている場合は、カジノ客にも公表されているはずです。誰かがあなたにカメラを向けても、決して怒ることはできません。冗談はさておき、カジノ内の写真撮影を許可することはカジノのマーケティングに効果的です。写真撮影を許可する珍しいカジノとして知られるようになり、素晴らしい宣伝効果になることでしょう。